キュプラとは?特徴や裏地に使われる理由について解説

繊維の基礎知識

どもどもTにぃです

みなさんキュプラという繊維はご存知ですか?

みなさんがお持ちでちょっと高めのコートやジャケットの組成を確認してみてください
裏地にキュプラが使われていませんか?
そう、キュプラとはなかなか聞き慣れない繊維かもしれませんが結構多くの衣類に、特に裏地に使われている繊維なんです

なんで裏地に使われるの?
裏地なんで何でも良いんじゃないの?
なんてお思いのそこのあなた!実は何でも良くないんですよ!w

キュプラは裏地に適した特徴があるんです
もちろんポリエステルなどの裏地もあったりしますがそれはコストや洗濯性を考慮している場合が多いです
おそらく高級なコートやジャケットでポリエステルの裏地を使用しているものはほとんどなく、キュプラが使用されているものがほどんどでしょう
それくらいキュプラは裏地に適した繊維ということなんですね

この記事を読むことで
・キュプラとは
・キュプラがなぜ裏地に使われるのか
についてお分かりいただけると思います

ぜひ最後までご覧ください

 

スポンサーリンク

キュプラとは

キュプラとは再生繊維の1種でありコットンを原料として作られる繊維です

再生繊維については下の記事で解説していますのでぜひご覧ください


再生繊維といえば以前お話したレーヨンも再生繊維の1種です
レーヨンに関しては下の記事で詳しく解説していますのでぜひご覧ください


同じ再生繊維同士ですがキュプラとレーヨンとでは作り方も原料も異なります
分かりやすいところで説明するとレーヨンの原料はパルプであるのに対しキュプラはコットンが原料です

また作り方も違うのですがマニアックなものになってしまうので今回は説明を割愛しますw
とはいえ同じ再生繊維だからか見た目は似ているようにも思えますなのでキュプラの特徴をレーヨンと比較しながら説明していきたいと思います

まず見た目はキュプラとレーヨン共に光沢があり上質な印象を与えます
また肌触りもなめらかでドレープ性があります共に上品なアイテムに向いていると言えますね

では逆にキュプラとレーヨンの大きく異なる点とは何でしょうか
それは強度で特に水に濡れたときだと思います
レーヨンは水にかなり弱い繊維で水に濡れると強度が急激に下がります
それに対してキュプラはそこまで水に強い繊維ではありませんが水に濡れたとしてもレーヨンほど弱くはなりません
またもともと乾燥時でもレーヨンよりも強度がある繊維なのです

またキュプラのほうが吸水性もあります
これはキュプラのほうが繊維が細く繊維同士の隙間に水分が溜め込まれるからです

とはいえキュプラに洗濯性があるかというと混率の高いものですと洗濯不可のアイテムが多いと思います
なので取り扱いについては絵表示をしっかり確認してくださいね
洗濯不可の場合は基本的にはドライクリーニングとなります
ただどうしても水洗いしたい場合には洗濯機は使用せずに手洗いが良いと思います

 

スポンサーリンク

なぜ裏地に使われるのか

ではなぜキュプラは裏地に使われることが多いのでしょうか
それはキュプラは静電気が起きにくいからです
静電気は生地と生地が擦れることで発生します

では生地と生地が特に擦れやすい部分とはどこだと思いますか?
そう!裏地の部分ですよね
ジャケットの着脱時やちょっとした動作でもシャツやインナーと擦れることになります
そんなときに静電気の起きにくい裏地だと帯電しにくくて良いと思いませんか?
もしも裏地がポリエステルのように静電気が起きやすい繊維だと帯電し放題でバチバチしまくりでイヤになると思います

ただし帯電防止加工を施している場合がありますので一概にポリエステルだから静電気が起きやすいわけではありませんのでご注意ください

また先程お話した通り見た目の上質感もありますのでアイテムの印象を損ないません
そして肌触りもなめらかなので着用時もスムーズに着ることができます

これらの理由からキュプラが裏地に使われることが多いのです

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はキュプラについてお話してきました
まとめると
・キュプラはコットンが原料の再生繊維
・レーヨンよりも強度がある
・静電気が起きにくい、上質感、なめらかさから裏地に使われる
ということになります

ちなみに原料のコットンですが正式にはコットンリンターといってコットンの繊維に使用される部分ではなく種子の周りについている短い繊維の部分です
本来なら使われない部分を使用するという意味ではキュプラはサスティナブルな繊維なのかもしれませんね

ぜひみなさんもコートやジャケットなどを購入する際には裏地も確認してみてください

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました