【強化プラスチック、断熱材に使われる】ガラス繊維とは?その種類、特徴、用途について解説

繊維の基礎知識

どもどもTにぃです

みなさんガラス繊維をご存知でしょうか?
ガラスはとても身近なものでみなさんご存知かと思います
窓ガラスやガラス瓶などガラスは毎日にように目にするものです
しかしそれがガラス繊維となった途端に遠い存在のものに感じてしまいますよね

ガラス繊維はその名の通りガラスの繊維です
ただ繊維と言っても衣類に使用されることはあまりありません
しかし私達の身近なところで結構使われている繊維なんです
実は産業資材用途としてかなりお世話になっているんですよ

普段目にしているガラスが繊維になるなんて想像しにくい方もいらっしゃると思います
そんな方は特にこの記事を読んでいただきガラス繊維について知っていただけたら嬉しいです

この記事を読んで分かること

・ガラス繊維とは
・ガラス繊維の特徴
・ガラス繊維は何に使われているか

ぜひ最後までご覧ください

 

スポンサーリンク

ガラス繊維って何?

ガラス繊維とは?
ガラス繊維とは

・ガラスから作られる繊維のこと
・ガラスと繊維の良いとこ取り
・長繊維をグラスファイバー、短繊維をグラスウールと呼ぶ

ガラス繊維とはガラスから作られる繊維のことです
どろどろに溶かしたガラスをシャワーヘッドのような口金から押し出したり、遠心力を利用したりして繊維状にします

ガラスと聞くと固いイメージがある方が多いと思います
しかし繊維状となると細長くなるので柔らかくしなやかになります
ただ繊維となったとしてもガラスの特徴も持ち合わせます
なのでガラス繊維は「ガラスと繊維の良いとこ取り」と言われたりします

またガラス繊維にも合成繊維と同じように長繊維と短繊維があります
長繊維を「グラスファイバー」、短繊維を「グラスウール」と呼びます
それぞれ用途に応じて使い分けられますのでそのへんは後ほど説明しますね

長繊維と短繊維については下の記事を参考にしてください

 

スポンサーリンク

ガラス繊維の特徴

ガラス繊維の特徴

・燃えない
・強度がある
・耐久性が高く劣化しにくい
・熱に強い
・電気を通しにくい
など

ガラスは燃えません
燃えにくい(難燃)ではなく燃えない(不燃)材料なんです
よってガラス繊維は数少ない燃えない繊維となります
なので住宅や建造物など難燃、不燃が必要な場合に使用されることがあります

またグラスファイバーがから作られる糸は非常に強度があります
その強度は金属線であるピアノ線よりも高いと言われる程です

そして窓ガラスが何年経っても劣化しないようにガラス繊維も耐久性が非常に高いです
また熱にも強く、薬品に対しても変化しにくいという屈強な繊維です

その他にも電気を通しにくいなど様々な特徴があります

やはり燃えることなく強度があり熱に強く劣化しにくいという特徴から考えると衣類ではなく産業資材に適している繊維だと言えるでしょう

スポンサーリンク

ガラス繊維は何に使われているか

断熱材
ガラス繊維の用途

・断熱材
・建材
・強化プラスチック
・電話回線、光通信ケーブル
など

【断熱材】
ガラス繊維であるグラスウールは住宅用断熱材で有名です
多くの空気層を含み、耐久性が高くて軽いことから断熱材にうってつけの素材です
また防音性があるところも住宅向きなところです

【建材】
ガラス繊維は一般住宅の断熱材だけではなく幅広い建造物に使われています
有名なところでいくと東京ドームの屋根に使用されています
燃えにくく耐久性があり吸音性もあることからスポーツやイベントを行うドームに適していますね
また内装材やインテリアにも使用されています

【強化プラスチック】
ガラス繊維を生地にして樹脂を含浸させたり、グラスウールやカラス繊維を粉末状にしてプラスチックに混ぜたりして強化プラスチックとして利用されています
この強化プラスチックから自動車の部品や内装材、電子機器のパーツが作られています

【電話回線、光通信ケーブル】
ガラス繊維は電気を通しにくく、熱に強く耐久性があります
これらの特徴からケーブルのカバー材に利用されています
また光を通しやすいことからケーブルそのものにも利用されています

 

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

・ガラスと繊維の良いとこ取りの繊維
・長繊維はグラスファイバー、短繊維はグラスウール
・不燃、高強度、高耐久、高耐熱、耐薬品、絶縁
・断熱材、強化プラスチック、建材などに利用されている

今回はガラス繊維についてお話してきました
衣類で使用されることはあまりないので何物か分からない方が多かったと思います
しかし実は身近なところで活躍してくれている繊維だったんですね

「繊維=衣類」と考えられる場合が多いとは思います
しかしガラス繊維のように衣類には向かなくても産業資材にとても向いている繊維もあります
繊維は衣類だけでなく様々なところで使われているということを覚えていただけると嬉しいです

そう思うと今後繊維の可能性はますます広がっていくと思います
ぜひ衣類以外の繊維にもご興味をもっていただければと思います

ではまた!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました