フィラメント糸とは?フィラメント糸の特徴、種類、用途について解説

フィラメント糸繊維製品の基礎知識
この記事はこのような人にオススメ!

・フィラメント糸とは?
・フィラメント糸の特徴は?
・フィラメント糸の種類は?
・フィラメント糸の用途は?

どもどもTにぃです

みなさん「フィラメント糸」という糸をご存じでしょうか?

糸を構成する繊維は「長繊維」と「短繊維」の大きく2種類に分けられ、この「長繊維」からなる糸のことをフィラメント糸といいます

ちなみに短繊維からなる糸をスパン糸といいます

長繊維と短繊維については下の記事で解説していますので、ぜひ合わせてご覧ください


フィラメント糸は衣類をはじめスポーツ用品、産業資材と幅広い用途で使用されており、私たちが普段の生活で使用する多くの繊維製品に使われている身近な糸なのです

今回はそんなフィラメント糸について解説してこうと思います

この記事を読むことで、フィラメント糸とは、その特徴、種類、用途についてお分かりいただけ、フィラメント糸についての理解が深まると思います

ぜひ最後までご覧ください

スポンサーリンク

フィラメント糸とは?

フィラメント糸

・長繊維からなる糸
・紡糸によってつくられる
・モノフィラメントとマルチフィラメントに区分

フィラメント糸とは長繊維からなる糸のことです

長繊維は1本の長さが長い繊維のことで、「フィラメントファイバー」「フィラメント」と呼ばれます
このフィラメントファイバーからなる糸のため「フィラメント糸」と呼ばれます

長繊維は「紡糸」という工程によってつくられ、それを束ねて加工したり撚りをかけたりしてフィラメント糸がつくられます

紡糸に関しては下の記事で解説していますので、ぜひ合わせてご覧ください

フィラメント糸は構成する長繊維の数量によって2種類に分けられます
1本の長繊維からなるフィラメント糸をモノフィラメント糸、2本以上の長繊維からなるフィラメント糸をマルチフィラメント糸といいます
構成する長繊維の本数によってそれぞれ異なる特性の糸となり、モノフィラメント糸は強度が必要なもの、マルチフィラメント糸は柔らかさが必要なものなどと用途に応じて使い分けられています

モノフィラメントマルチフィラメントについてはそれぞれ解説した記事がありますので、そちらも合わせてご覧ください

スポンサーリンク

フィラメント糸の特徴は?

フィラメント糸の特徴

・なめらかで均一
・光沢がある
・細くしやすい
・強度を持たせられる  など

フィラメント糸の表面は平滑でつるっとしており、部分的なバラつきも少なく均一なことが特徴です
そのためフィラメント糸でつくられる生地の表面はなめらかなものもあり、安定して同じような生地をつくることが比較的容易です

また紡糸時に酸化チタンなどの艶消し剤を混ぜなれば基本的には光沢がある糸となり、上品で高級感のある印象を与えます
光沢感のある糸は基本的にフィラメント糸だと思っていただいてOKです

短繊維からなるスパン糸と比較してフィラメント糸では細い糸をつくりやすい特徴もあります
フィラメント糸を使用することで薄い生地や目の細かい生地をつくることが可能となり、これらは衣類以外の用途でも活用されています

そして糸に強度を持たせたい場合にもフィラメント糸が適しています
高強度の繊維を使用するのはもちろんですがモノフィラメントにすることで強度が飛躍的に上がります

スポンサーリンク

フィラメント糸の種類は?

フィラメント糸の種類

・化学繊維
・絹繊維

フィラメント糸を構成する繊維としては、そのほとんどが化学繊維となっています

化学繊維とは人工的につくられる繊維のことであり、繊維の長さを自由に調整することができます
そのため1本の繊維を長くすることが可能であり、長繊維をつくることができます

ポリエステル、ナイロン、アクリル、レーヨン、キュプラなどが化学繊維に含まれます
化学繊維については下の記事で解説していますので、ぜひ合わせてご覧ください


一方、天然繊維は短繊維のものが多く、そのほとんどがスパン糸となります

唯一天然繊維でフィラメント糸をつくることができるのが絹繊維です
絹繊維は蚕の繭から採取される繊維であり、天然繊維では唯一の長繊維とされています

シルクの生地は美しい光沢感があり、とてもなめらかな触感のイメージがあると思います
これは絹繊維が長繊維であるが故であり、他の天然繊維では同じようにはならないのです

絹繊維に関しては解説した記事がありますので、ぜひそちらも合わせてご覧ください

スポンサーリンク

フィラメント糸の用途は?

フィラメント糸の用途

・高密度織物
・産業資材
・スポーツ用品  など

フィラメント糸は衣類をはじめ幅広い分野で使用されている糸です
今回は衣類以外でフィラメント糸が使用されているものの一部をピックアップして紹介します

【高密度織物】
フィラメント糸は糸を細くしやすく、その細い糸を使用することで目が細かい高密度の織物をつくることができます
高密度の織物にすることによって糸と糸の隙間が少なくなり、水や光などの透過性を低くすることが可能となります
この高密度の織物は傘やロールスクリーンなどに使用されます

【産業資材】
安定した品位で生産でき強度を持たせることができる点から、フィラメント糸は各種産業資材でも活躍しています
フィルター、電線、ケーブル、ワイヤー、ロープ、ネットなどあらゆる資材に使用されます
また軽量かつ高強度で有名な炭素繊維もフィラメントで使用されることが多く、飛行機やロケットのパーツなどかなり強度が必要とされる部分に使用されます
炭素繊維に関しては解説した記事がありますので、ぜひそちらも合わせてご覧ください

【スポーツ・アウトドア用品】
フィラメント糸はスポーツ用品やアウトドア用品にも数多く使用されています
テニスラケットのガット、バレーボールのネットやサッカーのゴールネット、釣り糸などが分かりやすいと思います
またゴルフクラブのシャフトや自転車のシャフトには炭素繊維が使用されているものもあります
アウトドア用品ではテントや椅子などの生地に使用されています

フィラメントは比較的強度を求められる用途に使用されているイメージですね

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

・フィラメント糸は長繊維からなる糸のこと
・平滑で均一、高強度、糸を細くしやすい等の特徴
・基本的には化学繊維で天然繊維では絹繊維
・衣類以外にも高密度織物、資材関連、スポーツ用品等の用途

今回はフィラメント糸について解説してきました

フィラメント糸とは長繊維からなる糸のことで、紡糸工程によってつくられる長繊維束ねて加工したり撚りをかけたりしてつくられます

フィラメント糸にはなめらかで均一、光沢を出しやすい、細くしやすい、強度を持たせられるなどの特徴があります

フィラメント糸を構成する繊維は基本的には化学繊維の場合が多いです
ただし天然繊維の中で唯一絹繊維でのみフィラメント糸をつくることができます

フィラメント糸は衣類関係はもちろん、高密度織物として傘やロールスクリーン、各種資材関係、スポーツ用品やアウトドア用品など一定の強度を求められる用途で幅広く活躍しています

フィラメント糸はその特徴を活かして幅広い用途で使用されていますが、柔らかさやボリューム感を出すために加工される場合があります

加工することによってスパン糸のような風合いにすることもでき、自由度が高い所もフィラメント糸のメリットだと思います

用途に応じで自在に変形させられる便利なフィラメント糸は素晴らしいユーティリティプレーヤーだと思います

フィラメント糸からつくられる繊維製品は私たちの身の回りにも多くありますので、ぜひ探してみてください

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました