撥水と防水の違いとは?それぞれの特徴について解説

お役立ち情報
この記事はこのような方にオススメ!

・撥水と防水の違いを知りたい
・撥水と防水どっちが良いの?
・撥水と防水それぞれの特徴を知りたい

どもどもTにぃです

「撥水」「防水」
みなさん一度は聞いたことがありますよね
「なんとなくどっちも濡れにくい?」のような理解をされている方はいませんか?

実は撥水と防水は似ているようで意味が全く異なるものなんです
「撥水ウエア」と「防水ウエア」とでは、これを同じだと思って買ってしまうと大変です
思っていたのと違ったという風に後悔することになってしまう場合がありますので要注意です
そのようなことにならないためにも今回は撥水と防水の違いについて、それぞれの特徴について解説していこうと思います

この記事を読むことで撥水と防水の違いをご理解いただけ、ご自身に必要な性能を持ったアイテムを正しく選ぶ力が身につくと思います

せひ最後までご覧ください

 

スポンサーリンク

撥水とは

撥水

・撥水とは水を弾く性質のこと
・通気性があり蒸れにくい
・大量の水が一気にかかった場合は弾ききることなできない場合もある
・使用を重ねるごとに撥水力が低下していく

撥水図

撥水とは一言で説明すると水を弾くことです

上の図のように記事の表面にフッ素などの水を弾く性質のもので覆うようにすることで生地に直接水が触れることを阻害します
なので撥水の場合は見た目上、生地に水が付いても広がらすに表面張力の影響で水滴形状のまま存在することになります

また撥水は生地表面を覆うように見えますが完全に隙間なく覆うわけではないので通気性があり蒸れにくいところが特徴です

ただ撥水といえど大量の水がかかったりした場合には完全にすべて弾くことはできません

そして使用を重ねることで撥水力も低下していく可能性があります
撥水力を復活させたい場合は市販の撥水スプレーやクリーニング店に相談してみると良いと思います
またアイロンをかけることで撥水力が復活する場合もあります
ただしどれにしても購入時の撥水力にまでは復活するとは限りませんのでご注意くださいね

 

スポンサーリンク

防水とは

防水

・水を通さないこと
・物理的に水が通ることを遮断するため水を防ぐ効果は高い
・通気性が悪く蒸れやすい
・蒸れを軽減するために水は通さないが蒸気は通す「透湿防水材」も存在する

防水図

防水とは生地の裏面まで水を通さないことです

上の図のように生地の表面や裏面に水を通さない素材のフィルムを貼ったりコーティングしたりすることで水が内側(生地の裏側)にまで浸透してくることを防ぐ役割を果たします
また生地の隙間に樹脂を塗り込んだり生地に高温をかけることで表面を溶かして生地の隙間をなくしたりする方法もあります
つまり防水は物理的に水が通ることを遮断しているということですね

隙間を塞いでいるため破れたりしない限りは防水効果が無くなる心配は少ないです
また大量の水がかかったとしても水が浸透してくることも少ないでしょう

ただし隙間を埋めているということは通気性が悪く蒸れやすくなってしまいます
蒸気は通すが水は通さないという透湿防水フィルムも存在しますがそれでも撥水に比べると通気性は劣ります
また撥水に比べると高価になりやすい傾向があるように思います

 

スポンサーリンク

防水スプレー=撥水スプレー?

撥水 防水 スプレー

衣類用や靴用の市販の防水スプレーがありますよね
先程の理論でいくと防水スプレーは噴霧することでフィルムのような防水層作り出しているのでしょうか?

その答えはおそらく「NO」だと思います
多くの防水スプレーは噴霧することで水を弾いたりや汚れの付着を防ぐ効果があるものです

つまり防水スプレー=撥水スプレーということになるのではないでしょうか
防水スプレーとしながらも「フッ素樹脂で水を弾く」と書いてあるものも結構あります
これって要するにスプレーすることで撥水性を付与しているということですよね

まぁ一般的には細かいことは気にせずに防水≒撥水のような認識なのだと思いますがw

 

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

・撥水は水を弾くこと
・通気性があり蒸れにくいが使用によって効果は薄れていく
・防水は水を通さないこと
・水を防ぐ力は強く効果も持続するが通気性が悪く蒸れやすい
・「防水スプレー=撥水スプレー」の場合が多い

今回は撥水と防水についてお話しました

どちらが良い悪いということではなく使用状況によって使い分けるということになると思います

みなさんにご理解いただきたいことは撥水だから大丈夫、防水だから大丈夫というわけではないということです
撥水だから濡れないと思って撥水ウエアを買う、これでは期待した性能を得ることができません

ただ商品を見ると表面は撥水加工をしていて裏側に防水加工がしてある撥水性と防水性を合わせ持ったアイテムが結構多くあるように思います
これであれば両方の効果があるので安心だと思います

ただし撥水と防水の意味をしっかり理解した上でご自身が必要なものを選ぶようにしてくださいね

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました