紡績とは?紡績、紡績糸、紡績性について解説

紡績繊維の基礎知識
この記事はこのような人にオススメ!

・紡績ってなに?
・紡績糸ってどんな糸?
・紡績にはどんな繊維が使われるの?

どもどもTにぃです

みなさん「紡績」ってご存じでしょうか?
繊維やアパレルに関わるお仕事をされている人であれば一度は聞いたことがある言葉だと思います

紡績とは一言で言うと「短繊維から糸を作ること」です

ただ一言で紡績と言っても紡績にも様々な種類があります
また紡績する繊維にも向き不向きがあり、どんな繊維でも紡績できる訳ではありません

今回はそんな紡績について、また紡績糸と紡績に適している繊維の特徴について解説していこうと思います

この記事を読むことで紡績とは何かを理解でき、紡績糸の特徴や紡績に適した繊維の特徴を知ることができると思います

ぜひ最後までご覧ください

  

スポンサーリンク

紡績とは

紡績 方法
紡績

・紡績とは短繊維から糸をつくること
・原料の特性に応じて様々な方式がある
・歴史のあるものから革新紡績という新しい方法も開発されている

紡績とは短繊維を配列して所要の太さにしたあと、集束して糸にすることです

繊維には短繊維と長繊維があり、紡績はこのうちの短繊維から糸を作る方法を言います

短繊維と長繊維の違いについては下の記事で解説していますのでぜひご覧ください


ちなみに長繊維を作ることを紡糸と言い、この長繊維を束ねることで糸ができます
紡績と紡糸は異なる物ですのでご注意くださいね

紡糸に関しては下の記事で解説していますので、ぜひ合わせてご覧ください


紡績には原料となる繊維の種類や特質に合わせて様々な種類の紡績方法があり、綿紡績、梳毛紡績、紡毛紡績、麻紡績、絹紡績、化学繊維紡績などが挙げられます
例えば麻を紡績する方法を大きなくくりとして麻紡績といいます
麻の中には亜麻、苧麻、黄麻、大麻の種類があり、それぞれに適した方法で紡績されます

また歴史のあるミュール式、リング式などの紡績方法に対し、オープンエンド精紡、エアジェットスピニング(結束紡績)、ボルテックススピニングなどの革新紡績と言われる紡績方法が開発されています

  

スポンサーリンク

紡績糸とは

紡績糸
紡績糸

・紡績によって作られ短繊維からなる糸のこと
・短繊維糸、スパン糸、スパンヤーンとも言う
・ムラや毛羽が多くボリューム感があるのが特徴

紡績糸とは紡績によって作られる糸のことです
短繊維からなる糸のため短繊維糸、スパン糸、スパンヤーンとも言われます

ムラや毛羽がが長繊維よりも多く、また嵩高で太くボリューム感があるところが特徴です
その特徴によって生地にしたときによりナチュラルな表情となります

紡績糸は均整な形状のものが多いですが、特に天然繊維になると部分的に太かったり塊があったりします
それをネップと呼び、そのネップをあえて組み込んだネップヤーンなどの意匠糸も存在します

  

スポンサーリンク

紡績に適した繊維

紡績性
紡績性に影響する要因

①強伸度
②柔軟性
③繊維長
④絡合性、ドラフト性、集束性
⑤弾性
⑥湿潤性、保湿性
⑦均整で安定的
⑧開繊性
⑨美観

実はどのような繊維でも紡績できるという訳ではありません
繊維には様々な種類があり、紡績に適した繊維もあれば適さない繊維もあります

紡績原料として短繊維が持っている紡績に適した性質のことを紡績性や可紡性と呼び、以下のような性質を持った繊維が紡績に適しているとされています

①強度、伸度が適切でもろくない
②細く、たわみやすい
③適切な長さがある
④まとまる性質がある
⑤弾性に富み、粗剛でない
⑥適切な湿潤性、保湿性がある
⑦均整で安定的である
⑧塊がほぐしやすい
⑨白色で光沢に富み、外観が美しいこと

  

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

・紡績とは短繊維から糸をつくること
・紡績にはそれぞれの原料に適した様々な方法がある
・紡績糸とは紡績によってつくられる短繊維からなる糸のこと
・糸はムラや毛羽が多く嵩高で、自然な味のある生地ができる
・紡績性のある繊維でなければ糸はつくりにくい

今回は紡績について解説してきました

紡績とは短繊維から糸をつくることで、紡績にはそれぞれの繊維に適した様々な方法が存在します

紡績糸とは紡績によってつくられる短繊維糸のことで、糸はムラや毛羽が多くボリューム感があり、ナチュラル感のある生地がつくられる

紡績に対する向き不向きが存在し、紡績に適した特性のことを紡績性と言う
強伸度、柔軟性、収束性などの紡績性が無い繊維は糸にしにくい

愛知県名古屋市にある「トヨタ産業技術記念館」では昔ながらのガラ紡など実際の紡績の様子を見て学ぶことができます
私も何度か行ったことがありますが、紡績機や織機を実際に動かしてもらって見ることができますので楽しく学ぶことができます
興味がある人はぜひ一度行ってみてくださいね

ではまた!

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました