繊維製品お取り扱い方法

スポンサーリンク
繊維製品お取り扱い方法

繊維製品品質管理士(TES)とは?取得のメリット、試験内容を解説

繊維製品品質管理士(TES)とは繊維製品の品質に関わるスペシャリストのことです。一般には馴染みのない資格ですが、繊維業界では知名度がある資格なんです。TESとは、TESの試験内容、取得のメリットについて解説していますので、ぜひご覧ください。
Tにぃおすすめ製品

【紫外線対策は塗るから羽織るへ】紫外線カット衣類の仕組みについて解説

新たな紫外線対策方法として注目されているのが紫外線カット衣類。羽織るだけで紫外線対策になる便利なアイテムですね。繊維製品での紫外線カットの仕組み、効果は持続するのか、普通の長袖では効果はないのかについて解説していますのでぜひご覧ください。
繊維製品お取り扱い方法

ウェットクリーニングとは?家庭洗濯との違いや絵表示について解説

ウェットクリーニングをご存知でしょうか。ウェットクリーニングとはクリーニング業者による優しい水洗いのことですが、同じ水洗いでも家庭洗濯とは異なるものです。ウェットクリーニングについて、家庭洗濯との違いについて解説していますのでぜひご覧ください。
スポンサーリンク
繊維製品お取り扱い方法

【外さなきゃダメなの?】クリーニング後のカバーを外すべき理由について解説

クリーニング後には必ずと言ってよいほど「カバーを外して保管してください」と言われます。これには重要なワケがあり、カバーをしたまま保管すると大変なことになる可能性があります。クリーニング後のカバーを外す理由について解説していますのでぜひご覧ください。
繊維製品お取り扱い方法

オフプライスストアとは?アウトレットとの違いについて解説

廃棄衣類を減らすことが期待できる業態としてオフプライスストアが注目されています。オフプライスストアとはどのような業態なのか、アウトレットとはどのように違うのかについて解説していますのでぜひご覧ください。
繊維製品お取り扱い方法

【アイテムによって使い分け必要】衣類用漂白剤の塩素系と酸素系はどう違うのか?

漂白剤にも種類がありアイテムによって使い分ける必要があります。それぞれの漂白剤の特徴やどのようなアイテムに使用できるか、漂白剤を使用する際の注意点について解説しています。ぜひご覧ください。
繊維製品お取り扱い方法

ウールのフェルト化とは?フェルト化したものを戻すことはできるの?

ウールの衣類を洗ってしまって縮んだり風合いが固くなってしまったりした経験はありませんか?それはウール特有のフェルト化という現象です。フェルト化について、フェルト化しないようにするコツについて解説します。
繊維製品お取り扱い方法

【石油系?パークロロエチレンって?】ドライクリーニングの種類、マークについて解説

ドライクリーニングは油性の汚れを落とすために溶剤を使用します。その溶剤にも石油系とパークロロエチレンと2種類あるんです。石油系溶剤を使用した場合とパークロロエチレンの場合との違いやドライクリーニングマークの解説していますのでぜひご覧ください。
繊維製品お取り扱い方法

【陰干しのススメ】陰干しマークについて解説

洗濯物を外に干したら色あせてしまった!この原因は直射日光かもしれません。なので私は基本的に全て陰干しをしています。陰干しをしている理由や自然乾燥マークの見方を解説していますのでぜひご覧ください。
繊維製品お取り扱い方法

【アイロンがけのコツ】アイロンがけで失敗しないために気をつけたいこと5選

アイロンがけは熱、圧力、水分を与えてしわを伸ばしたり、折り目をつけたり、外観を整えるものですが、使い方や条件を間違えると大変なことになってしまいます。アイロンがけで大きな失敗をしないためにも気を付けてほしいこと5選を紹介いたします。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました