繊維製品お取り扱い方法

スポンサーリンク
繊維製品お取り扱い方法

洗濯での色移りを軽減するお役立ち方法10選

色移りは洗濯から乾燥までの間に起こる事が多いです。また色移りに対して衣類そのものが原因となる場合や取り扱い方法が原因となる場合があります。色移りの原因について解説し、対策として色移りを軽減する方法を10個紹介していますので、ぜひご覧ください。
繊維製品お取り扱い方法

人工皮革の劣化はなぜ起こるのか?原因と劣化の軽減方法について解説

バッグ、ジャケット、ソファーの劣化が気になるという方は多いと思います。その劣化は人工皮革表面の樹脂層の劣化が大きく影響していると思われます。人工皮革の劣化はなぜ起こるのか、その原因と劣化の軽減方法について解説していますのでぜひご覧ください。
繊維製品お取り扱い方法

中性洗剤とは?使うメリットと何に使うべきかについて解説

洗濯洗剤には弱アルカリ性洗剤と中性洗剤の2種類があり、毎日の洗濯で使うのは弱アルカリ性が多いです。しかしそれでは洗えない衣類もあり、その時に役に立つのが中性洗剤です。中性洗剤を使うメリットと使うべきアイテムについて解説していますので、ぜひご覧ください。
スポンサーリンク
繊維製品お取り扱い方法

蛍光増白剤とは?使ってはいけないアイテムは?

蛍光増白剤とは洗濯物をより白く見せる効果のある添加剤です。洗剤に配合されることが多いですが、アイテムによって使用しない方が良い物もあります。蛍光増白剤とは、使用しない方が良いアイテムについて解説していますのでぜひご覧ください。
繊維製品お取り扱い方法

SEKマークとは?認証の種類について解説

機能性加工を施した製品で見かけるのがSEKマーク。「見たことがあるけどあまり知らない」「どのような種類があるのか知らない」という方は必見です。SEKマークとは、その種類について解説していますのでぜひご覧ください。
繊維製品お取り扱い方法

SR加工SG加工SH加工とは?防汚加工の種類について解説

作業服や制服などで施されている防汚加工。汚れを防ぐと書きますが、決して汚れないわけではないので認識に注意が必要です。防汚加工について、防汚加工の種類とそれぞれの特徴について解説していますのでぜひご覧ください。
繊維製品お取り扱い方法

原着糸とは?メリット、デメリット、先染め糸との違いについて解説

原着糸とは原液に染料等を混ぜて着色してある糸のことです。同じく着色してある糸で先染め糸がありますが、それぞれ特徴が異なり用途によって使い分けられます。原着糸とは、先染め糸との違いについて解説していますのでぜひご覧ください。
繊維製品お取り扱い方法

Tシャツを洗う頻度はどれくらいがいいの?長持ちする洗い方も紹介

衣類はどれくらいの頻度で洗濯しますか?特にTシャツは直接肌に触れるものなので、例え短時間だったとしても着用毎に洗うのが良いです。Tシャツを洗う頻度、その理由、そしてTシャツを長持ちさせる洗い方について解説していますのでぜひご覧ください。
繊維製品お取り扱い方法

撥水と防水の違いとは?それぞれの特徴について解説

撥水と防水は似ているようで全く異なるものです。違いをしっかり理解して用途によって撥水と防水は使い分ける必要があります。撥水と防水の違い、ぞれぞれの特徴について解説していますのでぜひご覧ください。
繊維製品お取り扱い方法

先染め、後染めとは?特徴、メリット、デメリットについて解説

生地には先染めと後染めがあります。それぞれ作り方も違えば、出来上がったときの質感、向き不向きな用途まで異なってきます。先染め、後染めとは、それぞれの特徴について解説していますのでぜひご覧ください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました