スポンサーリンク
繊維製品の基礎知識

メルトブローン不織布とは?特徴、製造方法,、用途について解説

メルトブローン不織布とは熱風延伸工程を持った紡糸直結法によってつくられる不織布のことです。溶融した繊維を熱風で吹き付ける工程があることで他の不織布には無い特徴を有しています。メルトブローン不織布について解説していますので、ぜひご覧ください。
繊維製品の基礎知識

抜染とは?抜染の特徴、方法、種類、抜染剤について解説

抜染とは抜染剤を印刷した部分の染料を分解し、部分に脱色することで模様を表現する捺染技法の一つです。一言で抜染といってもその中にはいくつかの手法があり、また使用する抜染剤にも様々な種類があります。抜染について解説していますので、ぜひご覧ください。
繊維製品の基礎知識

湿式紡糸とは?湿式紡糸の特徴、種類、つくられる繊維について解説

湿式紡糸とは繊維の元となる紡糸原液を凝固液中に通して繊維をつくる方法です。デメリットも多いながらも、湿式紡糸でしか繊維をつくる事ができないものも多く、必要不可欠な紡糸方法となっています。湿式紡糸について解説していますので、ぜひご覧ください。
スポンサーリンク
繊維製品の基礎知識

捺染とは?捺染技法、捺染方式について解説

捺染とは柄や模様を印刷する事です。一言に捺染といってもインクを塗布し着色するだけでなく、脱色したり、染まる事を防ぐ事によって模様を出す技法もあり、その方式も含めて様々な種類があります。捺染について解説していますので、ぜひご覧ください。
繊維製品の基礎知識

溶融紡糸とは?溶融紡糸の工程、特徴、種類について解説

溶融紡糸とは原料を溶融させて紡糸ノズルから押し出し、冷却によって繊維化する紡糸方法です。溶融紡糸はその手法が故に、他の紡糸方法には無い特徴があり、そして環境に優しい紡糸方法といわれています。溶融紡糸について解説していますので、ぜひご覧ください。
繊維製品の基礎知識

面ファスナーとは?面ファスナーの特徴、種類について解説

面ファスナーをご存知でしょうか?衣類やシューズ等に使用されるパーツで一般的にマジックテープと呼ばれる場合が多いですが、実はマジックテープは固有名詞ではありません。面ファスナーとは、マジックテープとの違いについて解説していますので、ぜひご覧ください。
繊維製品の基礎知識

浸染とは?染色加工における浸染の種類と染色機の種類について解説

浸染とは染色加工のうち染色物を染液に浸して染めることをいいます。浸染には様々な分類方法があり、どのタイミングで染めるか、染め方、染める方式(機械)などで呼び方が変わります。浸染とは、その種類について解説していますので、ぜひご覧ください。
繊維製品の基礎知識

交織、交編、混紡、交撚とは?それぞれの違いについて解説

複数種類の繊維からなる複合素材をつくる方法として交織、交編、混紡、交撚の4種類があります。複合素材をつくる方法という意味では同じでも、それぞれ異なる手法で明確な違いがあります。交織、交編、混紡、交撚について解説していますので、ぜひご覧ください。
繊維製品の基礎知識

染色加工とは?染色加工の目的、種類、工程について解説

染色加工とは繊維を所定の色に着色する事です。染色加工がなければ世の中にある繊維製品を色数多くデザイン性豊かにつくり上げる事ができないため、染色加工は非常に有用な役割を担っています。染色加工について解説していますので、ぜひご覧ください。
繊維製品の基礎知識

スパンボンド不織布とは?製造方法、種類、特徴、用途について解説

スパンボンド不織布とは紡糸から不織布までを一つの工程で完結させる紡糸直結タイプの不織布の事です。非常に生産性が高く、不織布の中で最多の生産量を誇り、数多くの製品に使用されています。スパンボンド不織布について解説していますので、ぜひご覧ください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました